被債務の審査

カードローンの審査を受けてお金の借り入れを進めて行く場合は借り入れができるかどうかということを事前に考えておく必要があり、できれば借り入れ診断のツールなどを利用しておくことがおすすめになります。

借り入れ診断を利用して借りることができると判断された後は実際に申し込みを進めて行くという流れになりますが、このツールを利用する場合に用意されているフォームには必ず他の金融機関からの借り入れ状況を入力するようになっています。

ツールによっては年齢と年収と他の金融機関からの借り入れ状況を入力するだけで借り入れ診断をしてもらうことができるケースもありますが、それだけ他の金融機関からの借り入れは審査に影響してくる要素になるということでもあります。

これについては総量規制が影響していることが理由としてあり、これは年収の3分の1を超えてお金の借り入れをする場合は借り入れをすることができないというものになります。

ただし、カードローンの審査に影響してくるローンについてはカードローンやクレジットカードなどが中心になってくるので住宅ローンやマイカーローンを利用している場合についての借り入れについては審査に影響しない部分になります。

借金を既にしている場合に新たな借り入れを検討している場合は返すことができなくなってしまうリスクについてもきちんと目を向けて納得した上で借り入れを進めて行く事も借り入れをする側の心得としては必要になります。