総量規制の審査

金融機関が提供しているカードローンに申し込みをして、今すぐお金借りる場合は審査を受けてクリアしてからの借り入れになり、審査の基準についてはそれぞれの金融機関で異なることから借り入れをすることが難しいケースもあります。

カードローンの審査で特に影響を受けてくるのが総量規制になりますが、これは年収の3分の1を超えてお金の借り入れをすることができないというもので、このルールによって借りたいだけの金額を借りることが難しくなっています。

このようなルールが施行された背景には借りたお金をしっかり返すことができない人が増えたことも理由としてありますが、昔は借りたいだけ借りることができたところも多く計画性を持たないことによって多重債務の状態になることも少なくありませんでした。

カードローンは便利なローンですが、しっかり計画を立てて借り入れをしないとリスクが高いローンでもあるので利用においては返済の流れなどもしっかり考えた上で借り入れを進めて行くことも大切なことだと言えます。

銀行の審査においては総量規制の影響を受けることなく審査を受けることができるようになっていますが、それでも審査が厳しい金融機関ということもあって最終的には総量規制の範囲内での借り入れになることが多くなっています。

お金を借りる場合は借りることに対しての危機感を持って上手に借金と付き合っていくということも気持ちの持ちようとしては必要なことだと言えるでしょう。