保証会社の審査

銀行や消費者金融のカードローンに申し込みをしてお金の借り入れをする場合に保証人や担保を必要としないのか気になるところだと思いますが、これらについては保証会社が入っていることもあって不要になっています。

保証会社が入っていることでカードローンの審査を受ける場合はお金の借り入れをする金融機関だけでなく保証会社の審査についても同時に受けることになり、これに通過しないことにはお金の借り入れをすることができないので注意が必要です。

保証会社の役割としては被債務者がお金の借り入れをして返済をすることができなくなった際に金融機関に対して代わりに借金の返済をするというものですが、保証会社が仲介会社として入る際に保証料については金利の一部から差し引かれるのが一般的となっています。

審査を受けてクリアしないことにはお金の借り入れを新たにすることはできないので注意しなければなりませんが、どれくらいの借り入れをすることができるかどうかというのは保証会社に委ねられる部分もあります。

また、カードローンには総量規制が施行されることになるので収入によって借りることができる金額についてもあらかじめだいたい決まっているのが普通です。

借金をするということはリスクを伴うことでもあり、借りたお金を返すことができないという状態にならないようにするためにも計画性をしっかり持って借りたお金を責任もって返済するということが必要になってきます。